造作洗面台

こんにちは 水口です

暦の上では立春を迎えましたが
まだまだ寒いですね。
外で仕事をされている方には
本当に頭が下がります。

今日は造作洗面台の塗装のお話
弊社では造作家具を作らせていただくことが多いのですが
特に洗面台はほとんどが造作です。
大工さんがカウンターを取り付けた後
水廻りなので必ず塗装をしていきます。
いつもプラネットカラーを使っていますが

無塗装
元々の無塗装の状態

1日目
1日目
養生をしてまずは下塗りとして
ベーシッククリアオイルを塗ります
これは湿気の多い場所や外部の下塗りとして
天然の防虫・防カビ・防腐効果があります。

2日目
2日目
プラネットカラーウッドコートを塗ります
半透明の着色で木目を残して塗装できます。
今回は床色に合わせて3色ミックスして色を作りました。

3日目
3日目
ラッペンワックスを塗ります
サンダーで削りながら塗りこみます。
アレルギー体質の方にも優しい、無溶剤の蜜蝋ワックス塗料で
撥水性、汚れ防止に抜群の威力を発揮します。
塗装後はシルクの様な質感で、自然な2~3分のつやが生まれます。

完成
見た目では工程は全く分からないのですが
一つの洗面カウンターも塗装と乾燥を何度も繰り返して
お客様が使い勝手が良くなるようにさせていただいております。
カウンターのシルクのような質感是非感じていただきたいです!

こちらの洗面カウンター
完成見学会で実際に見ていただくことができます。
こんなご時世ですので、完全予約制で
換気や消毒など感染対策を行ったうえで
1組ずつご案内させていただきますので
ぜひご来場ください。

お申し込みはこちらから
画像の説明    画像の説明